INDIGO CORDUROY PANTS
new
59f261d2428f2d6233001062 59f261d2428f2d6233001062 59f261d2428f2d6233001062 59f261d2428f2d6233001062 59f261d2428f2d6233001062 59f261d2428f2d6233001062 59f261d2428f2d6233001062 59f261d2428f2d6233001062 59f261d2428f2d6233001062 59f261d2428f2d6233001062 59f261d2428f2d6233001062

INDIGO CORDUROY PANTS

¥36,720 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー1件

送料についてはこちら

  • MEDIUM

  • LARGE

  • X-LARGE

<MATERIAL> 表地:8ウェルヘビーウェイトコーデュロイ(綿100%) 裏地:ウィンドペンチェックヘビーウェイトフランネル(綿100%) <COLOR> 藍染 <詳細サイズ> M W87cm H108cm 股上33.5cm/46cm 股下59cm ワタリ34cm 膝幅24cm 裾幅19cm L  W90cm H111cm 股上34.5cm/47cm 股下62cm ワタリ36cm 膝幅25cm 裾幅20cm XL W93cm H114cm 股上35.5cm/48cm 股下65cm ワタリ37cm 膝幅26cm 裾幅21cm <デリバリー> 入荷しました。すぐに出荷できます。 <耐久性、保温性に優れた国産ヘビーウェイト8WELLコーデュロイを深みのある美しい藍で染め上げました> 「コーデュロイ」とは、綿横ビロード織りしたパイル織物の一種で、日本では「コール天」(「コード」+天鷲絨(ビロードの和訳)) と呼ばれ、古くは江戸後期〜明治初期から庶民のワークウエアとして使われてきました。 縦に真っ直ぐに入る畝(うね / 縦線)が特徴で、その太さの単位を「WELL(ウェル)」で表します。 摩擦に非常に強く、耐久性に優れているため、庶民の畑仕事などの作業着として日本に伝来して以来、ワークウエア、ストリートカジュアルとして古くから愛され続けています。 今回は8ウェルという太めの畝コーデュロイを採用。その堅牢さは見た目だけではなく、耐久性にも優れています。 国産では珍しい8ウェルコーデュロイを、同じく日本国内で美しく深みのある藍で染め上げました。 深く美しい濃紺のまま楽しみつつ、藍と綿が織り成す経年変化は筆舌に代え難いほど美しく、年を追うごとに褪色していくその姿を追うのも醍醐味の一つです。 <ウィンドペンフランネル裏貼りの二重構造。マイナス世界にも耐えうる真冬対応パンツ> 保温性に優れたヘビーウェイトコーデュロイと言っても、1枚で寒さに耐えれるのはせめて1〜2℃までです。 0℃〜マイナスにまでなると、さすがに寒さに耐えることができません。 (数年前にHEADGOONIEでも1枚生地のコーデュロイパンツをリリースしていますが、1月の東京の早朝0℃時には、下にインナーパンツをはかないと寒さに耐えることができませんでした) そこで、ウィンドペンチェックのヘビーウェイトフランネルを裏地に設定。 ただでさえ保温性の高い8ウェルコーデュロイに地厚で起毛性もあり、肌触りが良く暖かいフランネルを設けることにより、マイナス℃にも耐えることができるスーパーコーデュロイパンツを開発することができました。 (起毛性のあるフランネルは周囲の空気を表面にため込み保温するため、直接肌に触れる真冬用インナーとして最適な効果があります) <どんなスタイルにもマッチするトラディショナルなシルエットはロールアップしてクロップドパンツにも変貌します> 「ウィンドペン」とは、窓の格子のような単色の縦横の細い枠をラインで四角形をつくる格子柄で、イギリスの伝統的チェックの一つです。クラシカルでトラディショナルな気品漂うウィンドペンは、ロールアップして裾からチラっと見せるととてもかわいいです。 トラウザー型を基本として10分丈のスタンダードなオリジナルパターンを採用していますが、いつものHEADGOONIEのパンツ同様、ウエスト・ヒップ・股上にはイージーパンツの寸法を採用しているため、見た目はシックで上品ながらも、腰・ヒップ周りには余裕があり、イージーパンツさながら快適にはくことができます。そのままはけば上品かつ気品溢れるシルエットですが、2回ほどロールアップすればクロップドパンツに変貌し、裏のウィンドペンも相俟ってPOPな印象を持たせることができます。 <細部までこだわり抜いた、はく人を飽きさせないディテール> HEADGOONIEオリジナルタックボタンを採用。世界大戦時下の物資統制時、真鍮が制限され亜鉛合金でつくられていた時代のタックボタンをモチーフにしています。マットブラックに塗装してあるため、はき込んでだんだん削れてくるほどに下部のアンティークゴールドが浮き上がり、味わい深い風合いを醸し出してくれます。 レザーパッチには、広島で加工されたウォッシャブルタイプのホースレザーを採用しています。 西部開拓時代を彷彿させるイラストレーションは、日本を代表する造形アーティストLucky Rudy氏が手掛けています。 HEADGOONIEではデザインだけではなく、「日本製」(メイドインジャパン)の技術を守っていくこと、それを脈々と受け継いでいる職人さんたちに敬意を払うことに重きを置いています。 裏側品質表示部分にレジストレーションカードが付き、このアイテムの縫製・加工を担当した職人のサインとナンバリングが1枚1枚手書きされています。 バックポケットは、HEADGOONIEの定番型ウォレットが窮屈にならずに収まるよう大型サイズに設定されています。 バックポケット裏面にもウィンドペンフランネルが裏貼りされているため、耐久性にも優れています。 <着用例> 182cm/65kgでXLサイズを着用しています。 藍染ナイロンカンフーダウンジャケット、マウンテンジャケットとの相性が抜群です。 <その他ご注意事項> 日本国内で手作業で丁寧に染め上げている本藍仕様のため、最初は堅牢度(染料などで染色した生地の抵抗性をはかるもので、生地の「色の変わりにくさ」、「色落ちのしにくさ」を示す)があまり強くありません。 最初のうちは色移り、色落ちが多く出ますので、まず2〜3回ご家庭用洗濯機でウォッシュをかけて、色を落ち着かせてから着用されることをお勧めいたします。(お洗濯時は必ず単品でお洗いください) 10回程度洗い込むうちに、だんだんと生地と藍が馴染み落ち着いてきて、色移りがしなくなっていきます。 長年はき込むうちに筆舌に代え難いほど美しい経年変化を遂げます。ぜひ所有者様それぞれの1本に育てあげてください。 すべての製作工程を日本国内で行ったメイドインジャパンの銘品です。 入荷しました。すぐに出荷できます。