MOLESKIN PANTS
new
5b504d905496ff11ea000f61 5b504d905496ff11ea000f61 5b504d905496ff11ea000f61 5b504d905496ff11ea000f61 5b504d905496ff11ea000f61 5b504d905496ff11ea000f61 5b504d905496ff11ea000f61 5b504d905496ff11ea000f61

MOLESKIN PANTS

¥21,600 税込

送料についてはこちら

  • BROWN/MEDIUM

  • BROWN/LARGE

  • BROWN/X-LARGE

  • NAVY/MEDIUM

  • NAVY/LARGE

  • NAVY/X-LARGE

<MATERIAL>  綿100% (ワンウォッシュ加工) <COLOR> (1) ブラウン (2)ネイビー <詳細寸法>(加工製品のため多少の誤差が生じる場合があります。あらかじめご了承ください) M ウエスト88cm H116cm 股上31.5cm 股下62cm ワタリ35.5cm 裾幅18cm L  ウエスト91cm ヒップ119cm 股上32.5cm 股下65cm ワタリ36.5cm 裾幅18.5cm XL ウエスト94cm H122cm 股上33.5cm 股下68cm ワタリ37.5cm <デリバリー> 入荷しました。すぐに出荷できます。 <1940s~50sのミリタリーファブリックを研究し現代に復活させた高密度モールスキン> 「モールスキン」とは、 モグラの毛皮のような感触で、厚みのある綿素材です。モールスキンはモール(mole)+モグラのスキン(skin)=肌という意味。モグラの毛皮のことを指していたのが発祥です。 キャバスやデニムよりも細くキメの細かい糸で編み上げるため、 密度が高く、耐久性に非常に優れている堅牢な生地です。 ワンウォッシュ加工を施し、表面にキメ細かい起毛を施すことによって、深いフォーム感を演出し、程よいミリタリーテイストに仕上がっています。 1940~50年代には多用されていて、この生地が持つ上品な雰囲気からフレンチヴィンテージに多く使われていました。 主にカバーオールやパンツなどに使われていましたが、1970年代以降はモールスキンの使用が少なくなるため、近年モールスキンのウエアを探すとなると、高価で入手困難なヴィンテージを探すしか手立てがありませんでした。 今回は、1940~50sヴィンテージモレスキンの糸、組織、染めを研究し、当時のクオリティーのまま現代に復活させることに成功しました。 <季節を選ばずオールシーズンはくことができる洗練されたオリジナルシルエット> 厚すぎず薄すぎず、耐久性にもかなり優れた生地を採用しているため、季節を選ばずオールシーズン着用することができます。 オールシーズンどんなコーディネートにも違和感なく溶け込ませることができるよう、無駄を削ぎ落とし必要最低限なパーツのみで組み上げた洗練されたオリジナル・イージーパンツパターンを作成しました。 太いワタリに絞った裾というシルエットは、80年代に流行した、通称「ボンスリ」をベースにしていて、 見た目の美しいシルエットもさることながら、 広めに設定された股上・ワタリが腰やモモの動きを自由にサポートしてくれて、長時間はいていてもまったく疲れない快適なはき心地を提供しています。 <着用例> 182cm/68kgでXLサイズを着用しています。 はっきり言ってここまでワイドなつくりだと、ヒップ・ワタリはどのサイズをチョイスしても問題ありません。 サイズはレングス(股下)の長さでチョイスすれば間違いないと思います。 大きめなつくりですが、HEADGOONIEではサイズダウンすることなく、いつもはいているサイズをチョイスし、ワイドでラクチンに着用されることをオススメしています。 先にリリースされているオキナワワイドシャツ、スタジオワークシャツとの相性は言わずもがなですが、 カエリタイオックスフォードシャツなどトラッドアイテムとの相性も抜群です。 HEADGOONIE18SS~18AWアイテムとはどれも相性が良く、これ1本でさまざまなコーディネートを楽しむことができます。 縫製〜加工に至るすべての製作工程を日本国内で行ったメイドインジャパン製品です。 入荷しました。すぐに出荷できます。